福岡のカップル注目!

こだわりで探す結婚指輪

あなたにぴったりの結婚指輪が見つかる!福岡の人気ブランド厳選カタログ

 
結婚指輪カタログin福岡 » 【コラム】結婚指輪の豆知識 » 婚約指輪との大きな違いは?

婚約指輪との大きな違いは?

結婚指輪を探すなら知っておきたい豆知識、婚約指輪とのちがいを調べました。

知っておくべき?結婚指輪と婚約指輪のちがい

結婚を考えた際に、準備すべき指輪は「婚約指輪」「女性用の結婚指輪」「男性用の結婚指輪」の3つ。

それぞれにきちんとした意味があり、デザインや形が違うのにも理由があります

探すのに苦労なさっている方の中には、3つも用意するのに意味があるのか…、指輪を3つも用意しなければいけないなんて…など、口に出さずともネガティブに考えがち。

ただなんとなく似合うから、という気持ちで指輪を選ぶ方も中にはいらっしゃいます。もちろん指輪の探し方は人それぞれ。これが間違っているとは一概にはいえません。

しかし、結婚は一生に一度の大イベントです。結婚指輪と婚約指輪のちがいを知り、理解することが納得のいく指輪選びにつながるともいえるのです。

結婚指輪と婚約指輪のちがいは?

ブライダルリングには、それぞれに込められた意味があります。

デザインや形もちがければ、渡す時期もちがう。女性から男性への指輪がなく、そもそも指輪である理由とは…。

これらの疑問も、指輪に込められた意味、由来を知ることで、より理解が深まるはずです。

  • 婚約指輪

結婚をする約束を交わした証。

結婚の約束をした時点で渡すのが一般的ですが、最近ではプロポーズのための単純なプレゼントといった考えのカップルも。後日、別で買いに行く例も珍しくはありませんが、本来の意味を考えれば結納の大切な道具のひとつとしてとらえるべきでしょう。

永遠に輝くダイヤモンドを、永遠の愛の象徴として、装飾されることが多いです。

男性から女性へプロポーズをすることが常識であるとされていたため、女性から男性への婚約指輪が見られない理由のひとつです。

  • 結婚指輪

ふたりが永遠の愛を誓った証。

結婚式当日にそのゆるがない愛を証明するため、男女で交換をします。同じ指輪をすることで共鳴し合い、お互いの心をつなげるとされたのが、ペアリングである起源となります。

結婚している証は常に見せなければならない風習から、日常的につけることを前提とし、つくりはシンプルなものがほとんど。

永遠の愛の象徴であるダイヤモンドを、小さなアクセントとして埋め込む方もいらっしゃいます。

毎日つけるものであるため、当然ふたりの納得がいくデザインを選ぶべきでしょう。

  • ブライダルリングの起源

永遠にとぎれることがないリングの輪は、永遠の絆をあらわしています。そのため永遠の愛をちかう結婚には指輪が必須となっています。

また、太古より左手薬指から心臓は、一本の血管でつながっていると信じられていました。心臓にあるのは心、すなわち心とつながっている指にリングをすることで、その愛をつなぎとめようとしたのが始まりと言われています。

 
ページの先頭へ▲
福岡のカップル注目!こだわりで探す結婚指輪